講演会への来場を呼び掛ける施設長の原田薫さん(右)ら=白石町のケアハウス「桜の園」

 東日本大震災で犠牲になったペットに焦点を当て、命の尊さについて考える催しが28日、白石町福富下分のケアハウス「桜の園」で開かれる。震災で命を落とした動物の絵を描き続けている絵本作家のうさ氏が講演する。

 うさ氏は東日本大震災を機に、絵本作家やイラストレーターなどが災害の犠牲になった動物の絵を描いた展示会「災害で消えた小さな命展」を全国各地で開催している。28日も会場で開き、オランダ在住のシンガー・ソングライター、ルーン・スタール氏がうさ氏の朗読に合わせて演奏するチャリティーコンサートも開く。

 同園施設長の原田薫さんは「集まって考えることが支援の一歩になると思う。音楽で心をリラックスさせながら、講演を聴いてもらえたら」と呼び掛けている。

 午後3時に開場する。チケットは3千円(前売り2500円)で、売り上げの一部は、うさ氏の活動資金として寄付する。定員は約200人。問い合わせは同園、電話0952(87)3939。

このエントリーをはてなブックマークに追加