田植えに汗を流す参加者

 ほんなもんぼ農業体験学校で6月下旬、田植えを行った。三気の会メンバーや市役所職員、家族連れら約50人が参加し、佐賀市内の約5アールの田んぼで丁寧に手植えした。

 三気の会メンバーが手本を示した後、参加者は一列に並び、目印のひもの赤いマークに合わせて1株3、4本の苗を植えた。泥に足を取られ、転んで怖がっていた子どもたちも、保護者に励まされながら頑張っていた。

 作業は約1時間で終了。田んぼは緑の早苗で埋め尽くされた。田んぼには豊年エビやカブトエビも生息しており「農薬を使っていない証明です」との説明があった。(NPO元気・勇気・活気の会副理事長・北島忠俊)

このエントリーをはてなブックマークに追加