「第67回九州花火大会」が14日夜、佐賀県唐津市西の浜で行われた。梅雨の晴れ間の夜空に、県内最大級の6千発が色とりどりの“大輪の花”を咲かせると、見物した23万人から拍手喝采が沸き起こった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加