「ひまわりの絆プロジェクト」で植えられたヒマワリ=佐賀市の県警察学校

 命の大切さや交通事故防止を訴える運動「ひまわりの絆プロジェクト」の一環で植えられたヒマワリの種が、佐賀市の県警察学校で花を咲かせた。明るい大輪が、悲惨な交通事故の防止や被害者支援の活動を後押ししている。

 プロジェクトは、2011年に京都府内で交通事故で亡くなった男児(当時4歳)が、生前に育てていたヒマワリの種がきっかけで始まった。男児の両親から種を受け取った京都府警の警察官が署の花壇に植え、花を咲かせたことを機に、16年からは全国でも広がりを見せている。

 県警察学校でも学生に被害者支援について学んでもらおうと、4月中旬に初任科生ら約50人がヒマワリの種800個を花壇に植えた。同校の平川博幸副校長は「このひまわりの活動の輪が広がり、犯罪被害者の心情の理解につながれば」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加