吉野ヶ里町の東脊振小3年生が11日、急須を使ったおいしいお茶の入れ方を学んだ。児童たちは6月に自らの手で茶摘みと茶もみをした葉を使い、手順通りに入れて味わった。 ふるさと学習の一環。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加