ゴールで待つ親を目指してハイハイする赤ちゃんたち=佐賀市新栄東の佐賀総合住宅展示場「イエス」

 佐賀市新栄東の佐賀総合住宅展示場e-yes(イエス)で13日、乳幼児たちがハイハイで競う「赤ちゃんハイハイレース」が開かれた。約50組が参加し、親たちは赤ちゃんの名前を呼ぶなどしてゴールへ導いていた。

 展示場のオープン7周年記念イベントの一環として開催した。1レース5人ずつで、赤ちゃんたちがマット上の約4メートルの距離をハイハイしてゴールを目指した。なかなかスタートしない赤ちゃんや隣の子とぶつかって顔を見合わせている赤ちゃんもおり、応援者たちからは笑みがこぼれた。

 生後10カ月の息子朔士とちゃんと参加した母親の上瀧愛美さん(30)=小城市=は「眠たそうだったが、1位でゴールして良かった」と振り返った。

 記念イベントは28日まで開催する。期間中はJTB商品券などが当たるスタンプラリーを実施する。カブトムシの展示や触れ合いができる「わくわくカブトムシランド」(20、21日)やリカちゃん人形で遊ぶ「リカちゃんラブリーフェスタ」(27、28日)なども開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加