スイカ割りを楽しむ園児たち=太良町の白浜海水浴場

 太良町大浦の有明海の人工ビーチ「白浜海水浴場」で12日、海開きが行われた。永淵孝幸町長ら町関係者約40人が神事に参加し、シーズン中の安全を祈願した。夏本番を告げる好天の下、地元の園児たちが砂浜でスイカ割りを楽しんだ。

 白浜海水浴場は、干満の差を体感できるビーチとして町が売り出している。遠浅で波が穏やかなため、親子連れで訪れやすい。近年は5千人前後が利用している。

 遊泳期間は8月31日まで。午前9時~午後5時。干満の差があるため、泳ぐことができる時間帯は要確認。問い合わせは町企画商工課、電話0954(67)0312。

このエントリーをはてなブックマークに追加