横断幕にいっぱいの付箋。これがなんと、とあるメッセージに??

 「夢と希望と勇気をもって!」

 「あなたたちの感性が キラキラ輝きますように!」

 「さが総文、絶対成功させるぞ!頑張るぞ!」

 元高校生だった市民、小中学生やさが総文生徒実行委員会の皆さんも、応援や決意のメッセージを付箋に書きました。ブルーやイエロー、ピンクの付箋が全部で千枚以上。長さ約4メートルの横断幕に、ペタペタと貼り付けていきます。さて、一体なにが浮かび上がるのでしょうか?

 今月末から佐賀県で開催される第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」。全国各地の文化部で活躍する高校生、約2万人が県内に結集します。そこで伊万里市民図書館では、応援企画「付箋アートに挑戦!」を行いました。

 完成した横断幕は、市民図書館に掲揚します。さあ、今週いよいよ、このアートの全容が明らかになります。高校生の皆さん、ご協力いただいた伊万里市民の皆さん、ぜひ見に来てくださいね。

 「佐賀から、アツイ夏を全国に届けてください!」

このエントリーをはてなブックマークに追加