鳥栖市の真木町天満宮にある樹齢120年の「真木の大藤」が見ごろを迎えた。薄紫色の花房や甘い香りに誘われ、大勢の見物客が訪れている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加