2回戦屈指の好カードとなった一戦で、6月のNHK杯を制した第3シード鹿島が佐賀北に惜敗。長打力のある打者がそろう自慢の打線は、相手エース川崎大輝の前に鳴りを潜め、大坪慎一監督は「勝たせたかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加