かむという行動は考えている以上に健康生活にかかせません。それを分かりやすく短く表現したものが「ひみこのはがいーぜ」です。卑弥呼といえばご存じの方も多いと思いますが、古代女王です。

 「ひみこのはがいーぜ」は

 (1)ひ:肥満防止(2)み:味覚の発達(3)こ:言葉のはっきりとした発音(4)の:脳の発達(5)は:歯の虫歯予防(6)が:がん予防(7)い:胃腸の働きの促進(8)ぜ:全身の体力向上―ということを表しています。

 現代人は、卑弥呼時代の6分の1しかかまなくなったといわれます。特に現代っ子の食事は、ハンバーグやスパゲティに代表されるような軟らかい食べ物ばかり。それで歯並びの悪さがよく指摘されるようになりました。

 この「ひみこのはがいーぜ」について、全身の健康にも大きな影響を与えていることに対し、一つずつ解明していきたいと思います。(参考文献:ジーシーK.K.友の会)

 (佐賀市 北村歯科医院院長 服部信一)

このエントリーをはてなブックマークに追加