ハウステンボスのホームページ

 ハウステンボス(長崎県佐世保市)は、パスポートで利用できる対象施設を拡大し、これまで別料金だった一部の施設も10月から対象に含めると発表した。入場料金が実質値下げになる。

 1日限りの「1DAYパスポート」(大人7千円)で、「ジュラシックアイランド」(2100円)をはじめ観覧車やゴンドラ、運河クルーズなどが追加料金なしで楽しめる。

 アトラクション利用の少ない65歳以上や妊婦、3歳以下の子ども連れなどを対象にした「おもいやりパスポート」(5千円)も新設。午後4時からの入場で5400円、同5時から4900円のパスポートも、午後3時から5千円、午後6時から4千円に変更する。

 来場者や社員への聞き取り調査で料金への要望が最も多く、見直した。坂口克彦社長は「ハウステンボスの認知度は高いのに、10年以上訪れていない人が多いことも調査で分かった。情報発信の方法も見直し2025年までに最高益を更新したい」との目標を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加