第136回九州地区高校野球大会最終日は24日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、龍谷が九産大九州(福岡)を4-3で破り、1988年の秋季大会以来、2度目の優勝を飾った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加