「文化振興に目を向けて」と訴える山口千恵子さん

 ユーモア協会の会員として佐賀にわかの上演を行っていて、平和な社会で文化活動に取り組める喜びを感じる。以前は佐賀子ども劇場の運営にも携わり、全国組織の活動で、文化予算の拡充を求めて国会まで請願へ出向いたこともあるが、政治の世界では、年金など暮らしに関わる問題と比べ、文化関連は優先順位が低いと感じる。

 いじめ、虐待と心痛むニュースが続くが、子どもたちや若者の心がすさんでいると、創造性や感性は磨かれず、豊かな文化は育たない。子育てや教育につながるという意味でも、文化振興に目を向けてほしい。(佐賀市)

 

※投開票まで8日

このエントリーをはてなブックマークに追加