犬塚直史候補の応援演説をした国民民主党の古川元久代表代行=神埼市中央公民館

 国民民主党の古川元久代表代行は12日、参院選佐賀選挙区で党公認の犬塚直史ただし候補(64)の応援で神埼市を訪れ、演説した。「佐賀から令和の時代の新しい政治を立て直そう」と呼び掛けた。

 古川氏は安倍政権に対し「総理は国民から預かった権力を私物化している。口だけで何も進んでいない」と批判。世界のさまざまな問題の要因の一つとして、ごく一部の人に富が集中し、格差が拡大していることを指摘。「真面目に正しいことをやっている人が報われるような社会の実現を」と訴えた。

 犬塚候補とは参院議員時代から親交があり「正義感が強く、真面目な人物」と紹介、支援を求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加