知事への要望事項を審議した佐賀県市長会=神埼市役所

 佐賀県市長会(会長・秀島敏行佐賀市長)が12日、神埼市役所で開かれ、8月下旬に山口祥義知事へ提出する要望事項を審議した。要望は35項目に絞り、九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備方式については、市によって見解が異なるとして統一見解の取りまとめは見送った。

 昭和自動車(唐津市)の路線バス再編に伴い、代替の公共交通の導入や運行に必要な財政支援を求めることなど8項目を重要項目に選定する方向性を確認した。長崎ルートを巡っては嬉野市と武雄市から整備方式に関して要望があったが、各市で見解が異なるとして、前年に続いて要望書には盛り込まないことになった。

 要望書は最終確認を経て8月29日に知事へ提出する。

このエントリーをはてなブックマークに追加