半導体材料の輸出規制強化に関する事務レベル会合に臨む韓国側(奥)と経産省の担当者=12日午後、経産省(代表撮影)

 日本が半導体材料の韓国向け輸出規制を強化したことに関し、日韓両政府は12日、東京都内で事務レベルの会合を開いた。日本側は単なる安全保障上の国内運用の見直しで政治的対抗措置ではないと説明し、世界貿易機関(WTO)違反に当たらないと主張した。韓国側は規制強化の撤回を求めず、事実関係の確認に終始した。ただ早期解決への道筋は依然として立っておらず、事態の長期化は必至だ。韓国の当局者は「立場の違いは依然としてある」と述べた。

 規制強化を巡り日韓が会合を開催するのは初めて。日本側は会談後「韓国側の質問に誠意を持って答えた。十分理解してもらったと思う」と説明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加