日本新聞協会は11日、学校の授業など教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の、2019年度実践指定校545校を発表した。前年度から1校増えた。佐賀県内は4校で、嬉野市の塩田小と大野原小中、三養基郡みやき町の三養基高が新規で指定され、五町田小(嬉野市)が継続になった。

 全国の内訳は小学校220校、中学校176校、高校124校、小中連携7校、中高連携7校、特別支援学校11校。実践期間は原則2年間で、19年度からの新規指定校は251校、継続指定校は294校。協会と各新聞社が、活用してもらうための新聞の購読料を補助する。

 協会とは別に15道府県のNIE推進協議会が小中高校など68校を独自に認定した。佐賀県内は東川登小(武雄市)が含まれている。

 今年のNIE全国大会は8月1、2日に宇都宮市で開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加