今年の桜マラソンで一斉にスタートするフルマラソンのランナー=3月24日、佐賀市のSAGAサンライズパーク前

 さが桜マラソン2020(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市主催、ミサワホーム佐賀特別協賛)が来年3月22日に開かれることが決まった。フルマラソンを導入して8年目となる大会で、この季節は例年、コース脇に菜の花が咲き、桜の開花時期も近く、ランナーは春の景色を楽しみながら走ることができそうだ。

 11日に佐賀市の佐賀新聞社で開いた運営委員会で決定した。田中裕之県文化・スポーツ交流局長や佐賀陸上競技協会の末次康裕会長らが出席し、事務局が「開催日は3月の後ろから2番目の日曜日」という規定に沿って3月22日に開催することを伝え、了承を得た。

 大会は16年まで4月に開いていたが、暑さに対するランナーの安全面を考慮し、17年から3月に開催している。大会概要や参加募集時期の公表、大会ホームページの開設などは8月下旬を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加