プリンカップのマラカス(提供写真)

楽器の製作を指導する打楽器奏者の関家真一郎さん(提供)

 空き缶やプリンの容器で楽器を作るワークショップが15日、佐賀市の東与賀文化ホールで開かれる。劇団四季のミュージカル「ライオンキング」にも出演する佐賀市の打楽器奏者・関家真一郎さん(57)ら打楽器演奏家が指導し、ペットボトルのシェーカーなどを作る。

 シェーカーとマラカスは、ペットボトルやプリンの容器にカラフルなビーズなどを入れて作る。空き缶をたたいて音を出す楽器も作る。ビニールテープやマスキングテープで楽器を飾って楽しむ。

 「剣の舞」や「道化師のギャロップ」など演奏家らによるクラシック曲の演奏を聞き、作った楽器を使ってプロと合奏するコーナーもある。関家さんは「楽器を作って、音楽を聞いて、演奏に参加する盛りだくさんのイベント。親子で工夫を凝らして楽しんで」と呼び掛ける。

 午前11時からと午後2時からの2回で参加無料。洗って乾燥させたペットボトルや空き缶、プリンカップが必要になる。問い合わせは東与賀文化ホール、電話0952(45)3939。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加