2回戦・太良-多久 5回裏多久1死二、三塁、3番七浦楓斗のスクイズで生還する三走古賀渓太(左)=みどりの森県営球場

▽2回戦(みどりの森県営球場)

太良0000000 0
多久300060× 9
   (七回コールド)

 機動力が光った多久が太良に七回コールド勝ちした。

 多久は初回、2死三塁から4番前田の右前適時打で先制し、続く2死満塁で7番真子が2点適時打を放った。五回には2度のスクイズを含む打者一巡の攻撃で6点を奪った。

 太良は3度三塁に走者を進めたが、多久の先発松尾僚を攻略できなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加