落成式であいさつする三田豪士県警本部長=白石警察署

 6月から開庁している白石警察署で8日、落成式が開かれた。関係者約60人が出席し、地域の安全を守る拠点として決意を新たにした。

 式典で三田豪士県警本部長は「新しい時代を迎えた節目の年に、新たに生まれ変わった白石署もまた、安全安心のよりどころとなってほしい」とあいさつ。白石署の堺善治署長は「県民の目線に立って、署員一丸となってまい進したい」と述べた。

 白石署は白石、江北、大町の杵島郡3町を管轄。老朽化などに伴い、2017年末から建て替え工事が進んでいた。新庁舎は犯罪被害者専用の相談窓口「サポートセンター」などを新設した。

このエントリーをはてなブックマークに追加