緑豊かな山や水田が広がる厳木高校周辺=唐津市厳木町(高度約150メートルからドローンで空撮)

田園風景広がる自然豊かな土地

1999(平成11)年の卒業アルバムに掲載された厳木高校の写真

 唐津市厳木町にある厳木高校は、1951(昭和26)年に唐津高校厳木分校として誕生。10年後の1961(同36)年に独立し、厳木高校となった。
 隣接するJR厳木駅の清掃活動や、道の駅厳木で農作物などの物品販売会を行うなど、地域とのつながりが強い。また、全国大会でも上位進出するアーチェリー部が強豪として知られている。
 県のほぼ中央に位置し、かつて石炭の町として知られた厳木町。山に囲まれた自然豊かな土地に校舎が建ち、辺りはのどかな田園風景が広がっている。

 

 

 

◆北村敬校長

 本校は、平成30年度から不登校や発達障害などの生徒を受け入れる「新厳木高校」として再スタートしました。「小中高連携」の活動や地域との協働に力を入れ、生徒一人一人の個性に応じたカリキュラムや体験活動を通して、地域や社会に貢献できる心豊かな人材を育成してまいります。

 

 

 

 

◆生徒会長 北川百音さん

 厳木高校は今年で創立69年目を迎える全日制の普通科高校です。昨年度より西部学区枠に加えて全県募集枠を新設し、新厳木高校としてスタートを切りました。運動部、文化部ともに熱心に部活動に取り組んでいます。また、あいさつ運動の促進に力を入れ、毎朝、生徒会と運動部の生徒による活気あるあいさつ運動を行っています。

 

 

----------

 佐賀県内の高校を周辺景色とともに空撮し、連載します。通い慣れた校舎、通学路の町並みをいつもと違った角度からご覧ください。

 
紙面ビューアはこちら
複数写真はこちら

電子版会員向けサービスです。初めての方はご登録ください。

 

動画

 

このエントリーをはてなブックマークに追加