無所属の新人同士が争っている杵島郡江北町長選は、子育てや産業振興などまちづくり全般にわたり論戦が繰り広げられている。山田恭輔、笹川辰朗両候補の横顔を紹介する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加