校章データ

生徒がデザインした校章

生徒会長・松本陽広さん

ステージ発表

和太鼓クラブ

木工、紙工、食品調理、農芸、縫製、ハンドクラフトの製品を販売する

 中原特別支援学校は「さわやかに すこやかに おおらかに」の校訓のもと、小学部・中学部・高等部の児童生徒が日々学習に取り組んでいます。

 本校舎高等部では「働く人になる」という目標のもと、90人の生徒が日々の授業や就業体験、体育祭などの行事に積極的に取り組んでおり、みんなが仲良く、楽しく学校生活を送っています。

 1、2年生は授業の中で全員が和太鼓を学び、さらに希望者は毎週水曜日の放課後に一生懸命練習しています。

 2019さが総文では、和太鼓やダンスを織り交ぜた創作劇を発表するため、学部全体で力を合わせて頑張っています。(生徒会長の松本陽広さん)

このエントリーをはてなブックマークに追加