2回戦・佐賀農-佐賀東 1回表佐賀農2死二塁、4番田口慶祐が左越え適時二塁打を放ち先制する=みどりの森県営球場

■2回戦(みどりの森県営球場)

佐賀農111401 17
佐賀東0 1100  2(五回コールド)

 佐賀農が18安打で17点を奪い、佐賀東を圧倒した。

 佐賀農は初回に1点を先制すると、二回には9安打を集める打者一巡の猛攻で一挙に11得点。その後も攻撃の手を緩めず、着実に加点した。先発西原は5回を2点に抑えた。

 佐賀東は中村、春野の両投手がつかまり、二、三回に1点ずつを返すのが精いっぱいだった。

【選手ひとこと】

 佐賀農・西原和志(5回2失点の好投で8年ぶりの夏1勝) 打線の援護が心強かった。これまで悔しい思いをしてきた先輩の思いを背負って戦った。

このエントリーをはてなブックマークに追加