山下雄平候補の応援演説をした野田聖子前総務相=小城市のドゥイング三日月

 自民党の野田聖子前総務相(58)は9日、参院選佐賀選挙区の自民党現職山下雄平候補(39)の応援で小城市を訪れ、演説をした。「地方を元気にするために人を育てる大事さを分かっている。山下候補だからこそ、佐賀の子どもたちが成長できる」と支持を呼び掛けた。

 小城市での決起大会で野田氏は、男女共同参画の分野で自身は担当大臣、山下候補は担当政務官として「ともに政策を進めてきた仲間」と、信頼関係が強いことを紹介した。

 夫婦が共に働ける社会を築くことで暮らしが豊かになると強調し「子育て世代の山下候補は誰よりも努力をしている国会議員の一人。再び国政に送ってほしい」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加