さが総文とコラボした描き下ろしイラスト。日本音楽部門の会場では、キャラクターそれぞれのパネルがお目見えする=佐賀県提供

 今月27日に始まる高校文化部の祭典「第43回全国高校総合文化祭(2019さが総文)」とテレビアニメ「この音とまれ!」のコラボ企画の内容が4日、発表された。

 「この音とまれ!」は同名漫画が原作で、廃部寸前の箏曲(そうきょく)部の高校生が全国大会を目指すストーリー。漫画は累計300万部(電子版を含む)を突破している。

 さが総文では27、28日に武雄市文化会館で、箏(こと)や和楽器を奏でる日本音楽部門が開かれ、会場に「この音とまれ!」のブースを設ける。今回のために描き下ろしたキャラクターのパネルと撮影できたり、パネルを専用アプリで読み込むと2人の声優(久遠愛役の内田雄馬さん、神崎澪役の蒼井翔太さん)による応援コメントの動画が見られたりする。

このエントリーをはてなブックマークに追加