ジャズライブで豊かな音の響きを披露したマークさん(左)とフランスさん=佐賀市富士町のフォレスタふじ

 オランダを代表するジャズミュージシャン「EUROPEAN JAZZ TRIO(ヨーロピアン ジャズ トリオ)」のメンバーによるライブが7日、佐賀市富士町古湯のフォレスタふじで開かれた。佐賀県とオランダの文化交流事業「SAGA SEA(シー)」の一環で、約130人が一流のジャズの調べを楽しんだ。

 「古湯の響き~夏の記憶」と題して開いた。ピアノのマーク・ファン・ローンさん、コントラバスのフランス・ファン・ダー・ホーヴェンさんが「ブラックバード」を皮切りに、森林に降り注ぐような豊かな音の響きで会場を魅了した。

 ライブ参加者向けに、聴診器を手に森を散策するワークショップも開かれた。夫婦や親子連れら約30人がライブ開始前、樹木や森林が奏でる音を再発見した。

このエントリーをはてなブックマークに追加