半世紀の歴史を刻んだ学びの場の“終章”をみずみずしい感性が彩る。老朽化に伴い、取り壊される佐賀大学芸術地域デザイン学部の校舎で、学生によるアートイベントが開かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加