車いすを利用する障害者やベビーカーを使う保護者、妊婦、足が不自由な高齢者らが乗りやすいユニバーサルデザイン(UD)タクシーが佐賀県内でも少しずつ増えている。昨年度末で29台が佐賀市を中心に運行している。ただ、九州7県の中では最も台数が少ない。