文化財愛護の一環として、佐賀県は巣から落ちたカササギの幼鳥を保護している。本年度は11羽を保護し、6月までに7羽を放鳥して9日に1羽を放鳥予定。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加