新しいアプリでの配信が始まった県民だより。選択した部分を自動で翻訳する機能などを備えている

 佐賀県が発行する県民だより「さががすき。」をスマートフォンやタブレット端末で閲覧できるアプリが、7月号からリニューアルされた。英語や中国語などの多言語対応を強化し、読み上げ機能で音声も楽しむことができるようになった。

 新しいアプリは、全国の自治体や企業などが発行する広報誌や雑誌をカテゴリー別に検索・閲覧できる「カタログポケット」。日本語と七つの外国語への自動翻訳機能や音声読み上げ機能が備わっている。

 自動翻訳の対応言語は英語、中国語繁体字と簡体字、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語。読み上げ機能では、選択言語の音声を聞きながら紙面を楽しめる。紙面の拡大縮小だけでなく、文章だけを表示することもでき、読みやすさが向上した。

 最新号は毎月1日に配信される。6月号よりも前の県民だよりは県のウェブサイトで閲覧できる。

 県広報広聴課は「紙面で読む時間がない人は出先でも閲覧することができる。多言語で対応しているので、海外の方にも読んでもらいたい」と呼び掛ける。問い合わせは同課、電話0952(25)7219。

このエントリーをはてなブックマークに追加