佐賀県母子寡婦福祉研修大会が7日、小城市小城町の「ゆめぷらっと小城」で開かれた。県内各地から約250人が参加し、体験発表などを通して、サポートの充実強化や支援の輪づくりの実現を誓った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加