水遊び場で安全に遊べるよう、水草などを取り除いた河川清掃=佐賀市川原町の護国神社前

 佐賀市川原町の護国神社前にある多布施川水遊び場で7日、河川清掃が行われた。子どもたちがはだしで安全に遊べるよう、水遊び場の開所を前に川底をきれいにした。

 清掃活動は佐賀若楠ライオンズクラブ(山田鉄也会長)が主催し、日新校区、勧興校区の子ども会育成会と護国神社、佐賀市などが協力した。地元児童と保護者ら約300人が早朝から集まり、胴長を着た男性らが川底の石や空き缶、水草などを取り除いたほか、親子で境内の落ち葉などを集めた。

 山田会長は「まちなかで水遊びできる場は貴重になった。いつまでもこの環境を維持していきたい」と話した。多布施川水遊び場は1983(昭和58)年から毎年夏場に開設し、今年は13日から8月19日まで利用できる予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加