佐賀県は7日、アニサキスが寄生したアジの刺し身を販売して食中毒を発生させたとして、東松浦郡玄海町のスーパー「まいづる9玄海店」の鮮魚コーナーに同日1日間の営業停止命令を出した。

 県生活衛生課によると、唐津市の40代女性が4日夕、アジの刺し身を食べた後、胃痛を訴えた。受診した市内の病院から唐津保健福祉事務所に「アニサキス症の患者を診察した」と連絡があった。

 アニサキスによる食中毒は増加傾向にあり、県生活衛生課は「目視での確認や、加熱して食べることなどで予防に努めて」と呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加