1回戦・有田工-高志館 1回表有田工2死一、三塁、5番松尾陵汰の右越え三塁打で生還する一走中野優成=みどりの森県営球場

 ▽1回戦(みどりの森県営球場)

有田工201001000 4

高志館000001001 2

 

 有田工が先制点を奪って試合を優位に進め、終盤の高志館の反撃をしのいで逃げ切った。

 有田工は初回2死一、三塁から5番松尾の右越え適時三塁打で2点を先制。三回は3番野村、六回には8番川尻の適時打で1点ずつ加えた。馬場はテンポの良い投球を見せ、2失点完投した。

 高志館は九回に4番高倉の適時打で2点差に迫り、なお1死満塁の好機をつくったが、あと一本が出なかった。

 

 高志館・高倉翔太(4失点完投、4番打者として九回に適時打) 序盤は甘い球があったが、後半はコースに決まったので良かった。力を出し切ったので悔いはない。(適時打の打席は)ずっと外の球で三振していたので、外にしぼって打った。

このエントリーをはてなブックマークに追加