高所作業車も使い石垣の草を取り除くボランティア=佐賀市の佐賀城跡

 佐賀城跡の石垣の除草作業が6日、佐賀市城内の現地で行われた。ボランティア約70人が高所作業車も出動して石垣の高い所の草もきれいに取り除いた。

 作業は佐賀城本丸歴史館開館前の早朝に行われた。人の手が届かない石垣の作業は、佐電工の社員約40人が高所作業者12台を使って実施。天守台や鯱(しゃち)の門などで、石垣の形状や強度に影響を与えないように、石の間の草を剪定(せんてい)ばさみや鎌で丁寧に刈り取った。佐賀城本丸歴史館のボランティアや同館職員ら約30人も石垣付近の草を刈ったり、庭を掃き清めたりした。

 作業は、夏休みを前に例年行っている。同館では企画展「佐賀城の殿様たち」が5日にスタートし、七夕の飾り付けや浴衣を着たスタッフによる応対も行われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加