「就活お役立ちワークショップ」の様子

夫や子連れで参加し、参加企業(奥)から説明を受ける参加者=武雄市の森のリゾートホテル

 妊娠や出産などの理由で離職した子育て世代の就活を支援する「子育て世代の就活フェスタ」が4日、武雄市の「森のリゾートホテル」を皮切りに始まった。この日は福祉や金融、接客など多種多様な企業・業種が参加し、再就職を目指す子育て中の母親らは採用担当者と面談したり、セミナーに参加したりした。

 子育て中の再就職には、ブランクによる不安や家庭と仕事の両立などで迷いが生じることも少なくない。そうした就活を後押ししようと企業ブースのほか、就活に役立つワークショップも開催された。「夏休みの宿題」をテーマとしたワークショップでは、夏休みに向けた子どもの行動計画の立て方などを学んだ。他に「ライフマネー相談」や「理想の働き方を考えよう」といったセミナーも行われた。

 参加した鹿島市の女性は「子育てしながらの就職に不安はあるが、たくさんの話を聞いて自分に合う企業を探したい」と笑みをこぼした。県産業人材課の担当者は「子育て世代の再就職の不安を少しでも取り除き、企業と参加者の架け橋になれば」と話した。

 フェスタは今年で5回目。8日に唐津市文化体育館、9月6日にサンメッセ鳥栖、同19日に佐賀市のメートプラザ佐賀でも開催される。時間はいずれも10~15時。

このエントリーをはてなブックマークに追加