来年4月に開設予定の福岡薬学部について説明する武田弘志・国際医療福祉大学準備委員長=佐賀市の佐賀新聞社

 国際医療福祉大学の「ミニオープンキャンパス&特別講演会in佐賀」が6日、佐賀市の佐賀新聞社であった。来年4月に大川キャンパス(福岡県大川市)に新たに開設予定の福岡薬学部の特徴について、武田弘志・同学部準備委員長が説明。同大への進学を希望する高校生や保護者、教師らが熱心に聞いた。

 「薬学教育のビジョンとイノベーション」と題して話した武田氏は、今後の教育には自ら学ぶ「自学」と共に育つ「共育」が重要と説明。同大は基礎と臨床分野の境界を薄めた特徴あるカリキュラムで、大田原キャンパス薬学部(栃木県)は薬剤師の国家試験で全国トップの合格率を挙げていると語り、「チーム医療やチームケアに貢献できる薬剤師を責任を持って育てるので、積極的に挑戦して」と呼び掛けた。

 全国に6キャンパスを持つ同大の紹介や来年度の入試概要の説明もあり、個別の進学相談会では熱心に質問する高校生や保護者の姿も見られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加