市立中2年の男子生徒が死亡した事件で頭を下げる埼玉県所沢市教育委員会の内藤隆行教育長(右)ら=6日午後、埼玉県所沢市

 埼玉県所沢市で市立中2年の男子生徒が刃物で刺され死亡し、殺人未遂容疑で同級生の少年(14)が逮捕された事件を受け、同市教育委員会の内藤隆行教育長らが6日、記者会見し「生徒間のトラブルは把握していなかった」と語った。

 市教委によると、死亡した本郷功太郎さん(13)と少年は、入学前からの知り合い。中学では同じクラスで、2人とも卓球部に所属していた。学校が4月と6月に実施した学校生活に関するアンケートや普段の生活からは、2人がトラブルを抱えていた様子はみられなかったという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加