「気軽に釣りを楽しんで」と呼び掛ける山下隆次さん=玄海町の仮屋湾遊漁センター

 玄海町牟形地区にある海上の橋を渡った先に、仮屋湾遊漁センターはある。海を仕切って設けた海上釣り堀には、県内外から年間約1万人が訪れる。

 1997年6月にオープンした。釣り堀には定置網で捕らえたブリやヒラマサといった青物や、ヒラメなどの根魚を放流。センターが養殖したマダイやアジも放してある。釣り堀内では、近くにある無人島の陰になった場所や浅瀬などで狙える魚種が異なり、ポイント選びも楽しめる。

 釣りざおなどの道具は貸し出す。初心者は常駐スタッフによるサポートが受けられる。センターを運営する山下隆次さん(39)は「手ぶらで来ても楽しめる。初心者も気軽に遊びに来て」と呼び掛ける。

 道具の持ち込みも可能。釣果を持ち帰るためのボックスや氷も販売している。

 営業時間は午前7時~午後4時まで。木曜定休。料金は3000~8000円で、値段によって利用できる時間と持ち帰れる魚が異なる。予約不要。問い合わせは0955(52)3045。

このエントリーをはてなブックマークに追加