佐賀県農業大学校(永渕和浩校長、55人)は、乾田直(じか)まき方式による水稲栽培の実験をしている。田植え作業が不要となるため、大幅な省力化が図れるという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加