ブドウ「シャインマスカット」。甘くて皮ごとたべられるため人気

 人気のブドウ「シャインマスカット」を育てませんか-。そんな就農セミナーが28日、佐賀県伊万里市で開かれる。温暖化が進むなどで着色のいいブドウをつくることが難しくなる中、シャインマスカットは色のバラツキがないなど栽培しやすい品種という。

 シャインマスカットは黄緑色で皮ごと食べることができるのが特徴。市場での単価も安定しているという。県内の栽培面積は4ヘクタール(2017年度)で、JA伊万里ブドウ部会の44人中、約30人が栽培している。

 セミナーは、伊万里・有田地区の栽培農家を増やし産地を盛り上げようと開く。園地があったり、栽培品種の変更を考えたりしている農家から初心者まで、興味を持つ人なら誰でも参加できる。

 当日は午後1時に伊万里総合庁舎に集合する。概要の説明を受けた後、栽培現場を見学して農家と意見交換もする。12日までに申し込みが必要。問い合わせは西松浦農業改良普及センター、電話0955(23)5128。

このエントリーをはてなブックマークに追加