佐賀県警伊万里署は5日までに、伊万里、唐津、西松浦郡有田の3市町で出店荒らしなどを繰り返したとして、長崎県松浦市鷹島町阿翁免、無職の男(48)=窃盗、重過失失火などの罪で公判中=を窃盗容疑で追送検し、捜査を終結した。追送検は4日付で180件分。逮捕後の送検なども含む窃盗容疑での摘発は計185件に上り、被害総額は計約720万円相当としている。

 追送検などの容疑は2012年7月から18年10月までの間、3市町内で自販機荒らし128件、出店荒らし32件、事務所荒らし15件、金庫破り4件、病院荒らし2件、学校荒らし1件などをした疑い。容疑を認め、「生活費がなく楽に金を手に入れたかった」との趣旨の供述をしているという。

 同署によると、昨年10月に容疑者が当時住んでいた伊万里市のアパートの部屋が全焼し、そこから盗品とみられるものが見つかった。今年2月に窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕、余罪を調べていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加