サガン鳥栖と嬉野市は6月30日、「スポーツによるまちづくり連携協定」を結んだ。嬉野市はサガン鳥栖が持つプロスポーツの魅力を活用し、スポーツを通じた活気のあるまちづくりに取り組む。

 同市はスポーツをまちづくりの原動力と捉えている。同日に鳥栖市の駅前不動産スタジアムで開かれた会見で村上大祐市長は、サガン鳥栖と連携するメリットについて「アスリートの生き様や真剣にプレーする姿を見ることで、子どもたちの健全な心を育むことができる」と説明した。

 具体的な取り組みについては検討中。村上市長は子どもや高齢者の体力づくりなどに触れ、「チームのトレーナーに体力づくりなどのアドバイスをいただければ」と話した。サガン・ドリームスの竹原稔社長は「プロスポーツとして、まちづくりのお手伝いをしたい」と連携を深めることを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加