昨年7月6日の大雨の際、佐賀県武雄市橘町で六角川が一時越水した時の状況や対応を報告する催しが7日夕、武雄町の武雄温泉保養村で開かれる。だれでも参加できる。

 「佐賀水ネット」(井上一夫代表)が、七夕の時期に水とまちづくりについて語らいながら川や湖などで乾杯する「水辺で乾杯」の企画として行う。午後6時半から(1)武雄河川事務所による状況説明(2)地元ケーブルテレビの情報伝達(3)地元の大日地区の避難対応-を当事者が報告する。

 六角川は午後7時ごろ、橘町大日地区であふれた。雨が収まったため越水は30分程度で済んだが、雨が続けば堤防決壊の恐れもあった。六角川の越水は28年ぶりだった。地区の人が越水前から異常な増水に気付き、全世帯に避難を呼び掛けていた。

 「水辺で乾杯」は2015年から社会実験として行われている。水とまちづくりなどの報告とともに、持ち寄りの飲食物で交流する。問い合わせは井上代表、電話0954(23)3355。

このエントリーをはてなブックマークに追加