竹の紙鉄砲で遊ぶ子どもたち

竹で紙鉄砲を作る子どもたち

 さが緑の基金から講師を迎えて、竹で作る紙鉄砲作りを体験しました。筒の部分にはササ竹を、押し棒には孟宗竹を使いました。

 先生から「ノコギリは、引く時に切れます。力を入れすぎないように真っ直ぐ引いて、周りに気をつけて使いましょう」と注意を受け、切る人と押さえる人に分かれ竹を切っていきます。「慌てないでいいから、ゆっくりゆっくり」とできるだけ子どもたちが自分で作れるように、またけがをしないようにスタッフが声を掛け、時には手を貸しながら見守ります。

 作るのも遊ぶのも工夫が必要です。筒と押し棒の長さ、水を含ませたティッシュで作るタマの大きさで飛び方が変わってきます。全ての条件が合い「ポンッ!」という音と同時に、タマが勢いよく飛び出すと「先生見て見て、あんな所まで飛んだよ」と、子どもたちはとてもうれしそうでした。自然の物で作る楽しさ、難しさを学んだ時間でした。(神埼市地域学校協働活動推進員・重松陽子)

このエントリーをはてなブックマークに追加