くずバー。いちご、すいか、パイン、みかん、ラムネ(各240円)と白桃(260円)の6種類

シャリっとぷるぷる  新食感の溶けないアイス

オーナーシェフの山本揚一郎さん「県産のトマトやかんきつ類で作ったゼリーも夏におすすめですよ」

 開店から27年目を迎える佐賀市川副町の菓子店「シェ・ヤマモト」に夏の新商品が登場。くず粉を使用したアイスキャンディーを販売しています。
 和菓子などに使われるくず粉に果汁を加え、果肉をトッピング。冷凍庫から出してすぐは、シャーベットのようなシャリッとした食感、時間がたつにつれて、もちっ、ぷるんとした食感に変化します。主原料がくずのため、やわらかくはなるものの溶けないのが特長。卵や乳製品を使わないので、アレルギーがある人でも食べられます。
 「食欲が落ちる夏場でもおいしく食べられるスイーツを作りたかった」というオーナーシェフの山本揚一郎さん(54)は、シェフ歴35年。トレンドをいち早くキャッチ、地産地消にも取り組み、酒蔵とコラボレーションするなど、次々と新商品を開発するアイデアマンです。
 創業時に比べ菓子店の数が増え、コンビニでもスイーツが買えるようになった今、シェフが目指すのは「おいしい」ではなく、「抜群においしい」もの。そんな山本シェフ渾身(こんしん)の新スイーツ。時間の経過で変わる食感と、フルーツのジューシーな味わいを楽しみましょう。

 

DATA

 

[住]佐賀市川副町南里345-1
[電]0952(45)8070 [営]9:00-19:00
[休]月曜(祝日の場合翌火曜)、第1火曜
[HP]http://chezyamamoto.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加