梅雨前線の活発化で佐賀県内でも災害への警戒が高まる中、大雨に伴う「内水氾濫」への備えが求められている。昨年の西日本豪雨では、福岡県久留米市で内水氾濫による住宅などの浸水被害が広範囲にわたって起きた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加